そらのわーるど

旅を仕事にって本当に出来るの?システムエンジニアとして会社勤めしていた私がニートになって徹底検証!

読者初心者へのおすすめ「お仕事小説」5選

f:id:shirokuma-yu:20190921134352p:plain

読書のすゝめ

読書をすることが偉いわけではない。

 

でも、世の中には読書をするか、しないかのどちらかしかない。

だったら読書をした方がいいに決まっている。

だって人生は一度きりなのに、本を読めばちょっと違う人生も疑似体験できるから。

www.soranoworld.com

突然、映画デートに行くことになった!そんな時、きっとあなたはその限られた上映スケジュールの中から気になるもの、好きなジャンル、一番面白そうなものを選ぶと思う。

限られているからこそ、選べる場合がある。もし面白くなくても、その限られた中からの最善を尽くしたから仕方ないという諦めがつく。

それと同じような状況を作りたいなと思って現在リスト製作中!

 

ここでは、気分で選んでもらう。これは足を運ぶ映画館を選ぶ感じ。そこの映画館(リンク先)に行ったら、その中から適当なタイトルを選んでみて。面白くなかったら 私のせい!でも、自信を持っておすすめするから、身構えず、スーッと手にとってみて。

ご気分リスト

 「お仕事小説」5選、ここから選べば間違いなし

自分の仕事に誇りが持ちたくなる。働き方を見つめ直したくなる。昔なりたかった職業を思い出す。明日がちょっぴり楽しみになる。

 三浦 しをん 『舟を編む』

ページ数:多い(347ページ)

物語への入り込みやすさ:すぐに入り込める

内容の難しさ:マジメくんが時々難しい喋り方をする

読了後:すっきり

実写化・アニメ化:あり

舟を編む (光文社文庫)

舟を編む (光文社文庫)

 

時の流れ、人の成長が鮮やかに書かれた、静かで情熱に溢れる一冊。

小学生の時に授業で使っていたのはただ重たいだけの辞書。強いて言えば女の子は押し花を作るためのアイテムで、男の子は「おっぱい」をきっと引いていたであろう紙の辞書。

思い出すこともなかったのに、手のひら返したかのようにあの重さも厚みも愛おしくなる。

原田 マハ『本日は、お日柄もよく』

ページ数:多い(381ページ)が、行幅が広く文字も少し大きい

物語への入り込みやすさ:すぐに入り込める

内容の難しさ:なし

読了後:すっきり。心晴れ晴れ。

実写化・アニメ化:あり

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

 

 ページ数はあるものの、活字に苦手意識のある人には嬉しい少し文字のサイズが大きく、読みやすさも保証できる。

自分を大事にしてあげたくなる。自分を幸せにしてあげたくなる。

これは私がこの本を読み終えた時の感想。人生は日々勉強、日々成長。好きなこと、情熱を持てることを仕事にしている人は強いと思う。現実がこんなにうまくいくわけないとしても、行動しなければ何も変わらないんですよね。 

困難に向き合ったとき、もうだめだ、と思ったとき、想像してみるといい。

三時間後の君、涙がとまっている。

二四時間後の君、涙は乾いている。

二日後の君、顔を上げている。

三日後の君、歩き出している。

山本 甲士『ひなた弁当』

ページ数:多い(381ページ)が、行幅が広く文字も少し大きい

物語への入り込みやすさ:半分あたりから急速に面白い

内容の難しさ:なし

読了後:爽快

実写化・アニメ化:なし

ひなた弁当 (小学館文庫)

ひなた弁当 (小学館文庫)

 

 

 前半は淡々としているのだけれど、後半から急激に面白くなる。前半が耐えられない人にはおすすめできないのだが、読み進めることで面白さが加速するのは小説らしいとも思うので、チョイス。

この本の面白さを例えるなら「面白いからお父さんに読ませたい!・・・いや、お父さん仕事辞めちゃうかもしれないから教えないでおこう・・・」と思ったほど。

有川 浩『県庁おもてなし課』

ページ数:多い(503ページ)文字も細かい...

物語への入り込みやすさ:ずっと面白い

内容の難しさ:苗字や地名に馴染みがないと少し慣れるまでかかる

読了後:すっきり、微笑ましい

実写化・アニメ化:あり

県庁おもてなし課 (角川文庫)

県庁おもてなし課 (角川文庫)

 

誰かのために行動する姿、成長する姿、心を許したり許されたりする人と人の繋がり。理想を描かなければ目指すこともできない。淡々と仕事をこなすのではなくて、目的を持って仕事に向き合うと、きっと今の仕事は今より楽しくなるのかもしれない。

私はこの本を読んだその年に、この本の舞台である高知県に行って食べて飛んで泳ぎました。自然が観光だった、本当に。

伊坂 幸太郎『AX』

ページ数:少し多い(312ページ)まだハードブックしかない

物語への入り込みやすさ:初めから面白い。伏線があるから丁寧に読んでほいしい

内容の難しさ:章立ては気にしないこと

読了後:爽快

実写化・アニメ化:なし

AX アックス

AX アックス

 

最後のお仕事はなんと殺し屋!ちょっと変わり種を、なんて思ってのチョイスだが、実は間違っているんじゃないかと少し不安。しかし、面白い本には違いない。

少しハラハラして、なんだか切なくて、そして殺し屋であり父親であった。

 

私の読了後のメモに「もしかしらた殺し屋って本当にいるのかも・・・」ととぼけた記しが。でも、本当にそう思ったんだ、それくらい日常と変わりない世界がこの本には描かれている。

最後に

私が実際に読んだ、5冊を紹介しました。

物語の進むテンポや、言い回しの好み、伏線のはり方など、同じジャンルの中でもいろんな作家さんの本も読んでみてください。(つまり5冊全部読み比べもおすすめ!)

素敵な本との出会いがありますように。ではまた違うリストでお会いしましょう。

お問い合わせ プライバシーポリシー